ファーウェイ お客様サポート

端末の取り扱いについて

HUAWEI携帯電話やタブレット等の禁止事項

HUAWEI携帯電話やタブレット等をご利用の際は、以下の禁止事項をお守りください。

乗り物の運転中には使用しない

HUAWEI携帯電話やタブレット等を自動車、バイク、自転車などの乗り物を運転しながら使わないでください。交通事故の原因となります。乗り物を運転しながら携帯電話やタブレット等を使用することは、法律で禁止されており、罰則の対象となります。運転者が使用する場合は、駐停車が禁止されていない安全な場所に止めてからご使用ください。

フラッシュライト発光部を人の目に近づけて点灯発光させない

フラッシュライト点灯時は発光部を直視しないようにしてください。同様にフラッシュライトを他の人の目に向けて点灯させないでください。目がくらんだり、驚いたりしてけがなどの事故の原因となるほか、視力低下などの傷害を起こす原因になります。特に乳幼児に対して至近距離で点灯させないでください。

HUAWEI携帯電話やタブレット等の注意事項

HUAWEI携帯電話やタブレット等をご利用の際は、以下の注意事項にご留意ください。

高精度な制御や微弱な信号を取り扱う電子機器の近くでは電源を切る

医療用電気機器など、高精度な制御や微弱な信号を取り扱う電子機器の近くでは、本機の電源を切ってください。電子機器が誤動作するなどの影響を与える場合があります。

【ご注意いただきたい電子機器の例】

  • 補聴器
  • 植込み型心臓ペースメーカ/除細動器
  • その他の医療用電気機器
  • 火災報知器
  • その他の自動制御機器
    など

航空機内では電源を切る

HUAWEI携帯電話やタブレット等が発する電波により運航の安全に支障をきたす恐れがあるため、航空機内では電源をお切りください。機内で携帯電話やタブレット等が使用できる場合は、航空会社の指示に従い適切にご使用ください。

その他の注意事項

電池は消耗品です。充放電の繰り返しにより電池の劣化が進み、電池容量も少しずつ減っていきます。

高温環境下での充放電の繰り返しや、充電しながら通話、アプリ利用、動画再生などを長時間行うと電池の劣化を加速する要因となります。充電完了後は充電器を取り外してご利用することをおすすめします。

また、寿命が近づくにつれて電池が膨らむ場合があります。安全上の問題はありませんが、寿命が近づいておりますので早めの交換をおすすめします。

電池交換の目安:使用時間が購入時の半分程度になった場合は、電池の寿命が近づいておりますので、これを目安として電池交換をおすすめします。

電池寿命を延ばすヒント:高温環境下での充放電や充電しながらの使用をしない。

歩行中の使用は、注意力が散漫になりやすいのでお控えください。

心臓の弱い方は、着信時のバイブレーション(振動)や着信音量の設定にご注意ください。

着信音が鳴っているときや、音楽を再生しているときなどにはスピーカーに耳を近づけないでください。同じく、イヤホンマイクを使用するときにも音量に気をつけてください。難聴になる可能性があります。

屋外で使用中に雷が鳴り出したら、ただちに電源を切って、屋内などの安全な場所に移動してください。落雷・感電の恐れがあります。

HUAWEI携帯電話やタブレット等を自動車内で使用すると、車種によってはまれに車両電子機器に影響を与え、安全走行を損なう恐れがあります。

HUAWEI携帯電話やタブレット等に磁気カードなどを近づけないでください。キャッシュカードやクレジットカードなどの磁気データが消えてしまうことがあります。

HUAWEI携帯電話やタブレット等の使用により、皮膚などに異常が生じた場合は、ただちに使用をやめて医師の診察を受けてください。

HUAWEI携帯電話やタブレット等を長時間お使いになる場合、特に高温環境では本体が熱くなることがあります。長時間肌に触れたまま使用していると低温やけどになる恐れがあります。